本当にいい脱毛方法とは

本当にいい脱毛方法とは?

本当にいい脱毛方法とは?

けっこう女性同士でムダ毛の処理の話はするのですが、処理方法は本当に各自様々です。
脱毛エステに通い全身キレイに処理をしている子もいれば、足・腕・ワキなどの主要箇所だけカミソリで処理するだけの子まで、それぞれの美容に対する意識を垣間みることができます。

 

話を聞いているとみんなそれぞれ様々な除毛方法を試し、最後には今の方法に落ち着いたという子ばかりです。
あらゆる除毛クリームを試したり、高額の脱毛器に手を出したりとやはり女性であればムダ毛の処理には頭を悩まされることが多いようです。

 

私自身も今現在でも悩んでいます。今はカミソリで処理をしていますが当然伸びも早く、ひたすら伸びては剃りの繰り返しです。
そんなことをしているとしっかりアフターケアをしていてもお肌を痛めることにもなりかねません。
除毛クリームも試しましたが、こちらもやはり肌にかかる負担が心配で結局カミソリに戻りました。

 

そうなるとやはりきちんとした脱毛エステで、プロにしっかりと処理をしてもらうのが一番いいのかもしれません。
しかし気になるのがやはりお値段。本当に表示されている価格で大丈夫だろうか?と悩んでしまいます。
それと他のエステへの勧誘を受けたりしたらどうしよう?という不安もあります。

 

悩みがクリアになれば、一度行ってみたいです。


毛抜きの使用で脇と下半身に長期に渡るダメージが残りました

毛抜きは色んな箇所によく使うのですが、たまに大失敗することがあります。
一度や二度ではないのですが、脇と下半身に毛抜きを使った時に埋もれ毛になることがあり、酷かった時はどれくらいの期間かわからないくらいの長期間、毛が埋もれたまま、脱毛した箇所が段々と腫れだし、最終的に膿んだこともあります。

 

脇や下半身は大体、埋もれ毛や腫れが出るのはそれぞれ1箇所ずつ程度なのですが、真っ赤に腫れて押すと痛いコブのような状態になってしまうことがあります。触ると熱を持った、中に球状のシコリがあるかのように感じる感触にまで腫れてしまったことが幾度かあります。

 

下半身を広範囲、まとめて毛抜きで脱毛した時は、毛の生えかけの痒みが出やすい時期にさかんに掻いてしまい、繰り返し掻いたことで雑菌が入ったのか、鳥肌のように赤いブツブツになってしまったこともあります。

 

毛抜きでの脱毛は、処理後に雑菌が入らないように清潔に保ったり、毛穴を引き締めるようなケアが必要なのだと実感しました。色んな脱毛法がありますが、毛抜きを使った脱毛が一番ダメージが大きいのかもしれません。

 

一番酷かった膿んでしまった腫れは、脇・アンダーヘアのビキニライン寄りの部分のどちらも、長期間経ってから腫れていた部分が破裂して膿のスプラッシュが顔にまで飛び散るという悲惨な状態でした。あまり人に見せたくないような場所なだけに、病院にはかからずマキロンで消毒して終わりにしてしまいましたが、少し跡になってしまっています。

銀座カラーのすすめ


ホーム RSS購読 サイトマップ